調乳のチェックポイントとは

ウォーターサーバー比較ガイド.com > 宅配水を成分で比較してみましょう > ウォーターサーバーで調乳する際の注意点

粉ミルクの調乳をウォーターサーバーで行っているというお母さんも多いでしょう。
最初から温かいお湯を出すことができ、手間もかからず美味しい水を使って調乳を行うことが可能であるため安心ですが、注意しなければならないこともあります。
ここでは、ウォーターサーバーを使って調乳をする際の注意点について説明します。

普段何気なく、粉ミルクを溶かして使っている方の中には、温度を下げるために水を足しているという方もいるかもしれません。
しかし、市販の粉ミルクは細菌が中に含まれている可能性があるため、この方法では殺菌が十分に行えません。
粉ミルクに含まれている細菌を除去するためには、70度以上のお湯できちんと粉を溶かしてください。
粉が溶けてもすぐに冷水を足すのではなく、時間をおいて冷ましていくことがおススメです。

また、水道水を滅菌するために一度沸騰させてから使用しているご家庭の場合には、粉ミルクの有効な成分が分解されてしまわないように、沸騰してからある程度温度が落ちるまで待ってから調乳するのがベスト。
赤ちゃんが元気に育つように注意してあげましょう。

初めからろ過されているため安心して飲め、お湯も出すことができるウォーターサーバーは粉ミルクの調乳にも便利です。
水道水のように一度沸騰させる必要がないことは、お母さんにとっては手間が省けるだけでなく、安心安全な調乳ができるというメリットがあります。

また、ウォーターサーバーを使って調乳する際には、できるだけミネラル分の少ない水を選ぶようにしましょう。
ミネラルは、未完成な臓器を持つ赤ちゃんにとっては負担となってしまうことがあります。
さらに、ミネラルが少ない軟水は、その分粉ミルクの成分が良く溶けだすため調乳におススメです。
その中でも軟水以上にろ過がきちんと行われる純水は、不純物が一切入っていないため安心して利用できます。
ウォーターサーバーの水は様々な種類が販売されているので、このことに注意して選ぶようにしましょう。

ポイント

70度以上のお湯で殺菌し、ミネラル分の少ない水を使いましょう

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.