水道水が危険って本当?

ウォーターサーバー比較ガイド.com > 水道水が危険って本当?

近年では飲み水に水道水ではなくて市販のミネラルウォーターやウォーターサーバーのお水を用いる人が特に震災以降増える傾向にあります。
その理由としては、水道水よりも安全だから、とか、飲んで美味しいから、などいった声が聞かれます。果たして水道水は本当に危険なものなのでしょうか?

日本の水道水が敬遠される理由のひとつに、塩素が含まれていることがあげられます。これがお水の味をまずくし、カルキ臭の原因となっているのです。ただ、塩素が悪者というわけではなくて塩素によって病原菌や細菌などから私たちを守ってくれているという側面もあって、完全に塩素を除去してしまうと消毒されずに細菌は繁殖しやすくなります。したがって水道水に塩素が含まれるのはある程度仕方がないことでしょう。

また、水道水に含まれているものにトリハロメタンがあります。これには発がん性物質が含まれているとされていて、不安になる人が多いようです。トリハロメタンのおよそ6割~9割はクロロホルムという物質になります。ただ、水質基準が厳しい日本の水道水では1リットルあたりのクロロホルム含有量は0.06mg以下なのです。ちなみにWHO(世界保健機関)が設定した基準は0.2mg以下です。

日本の水道水は世界的に見てもきれいであるといえそうです。トリハロメタンも、人体の中では代謝される物質です。ですので、あまり神経質になることはありません。そもそも水道水が飲める基準にあるということが稀ということです。
ただもちろん、美味しい水を飲みたい、とか赤ちゃんのミルク用には添加物のないお水を使いたい、という思いもごく自然なものでしょう。1日に何度も口にするものだからこそ、微量だから数年後に体に与える影響がまったくないとは誰にも断言はできません。ましてや赤ちゃんの体の多くは水分です。幸い、現代では品質の良いお水を購入することが可能です。ペットボトルのお水は近所のスーパーでも買えますしウォーターサーバーもいろいろなメーカーから出ていて選択肢が豊富です。ウォーターサーバーは特にこれからの時代に即したものであるかもしれません。より安心で安全な生活を送りたいという人にはオススメです。

ポイント

トリハロメタンには発がん性があるが、日本の水道水なら安全基準
水道水が飲める日本は極めて稀な例

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.