配送料や交換料に注目してみましょう

ウォーターサーバー比較ガイド.com > 配送量や交換量に関して

ウォーターサーバーを利用する上で料金が安いという点は見逃せません。
水自体の値段はともかく配送料も安い方がいいですよね。
ただし、プランによっては別途オプション料金がかかる場合があります。
各メーカーによって料金プラン・配送料は様々ですが、ここでは「うるのん」での料金・配送料に関して紹介します。

うるのんの料金プランは、それぞれの生活スタイルに最も近い料金プランから選べるのが特徴です。
お水の種類を選択したら、次に配送ペースを選択します。
それぞれ「3週間でボトル2本」、「4週間でボトル2本」、「6週間でボトル2本」の3タイプがあります。
目安として、一人暮らしで飲み水・料理などで使う場合は、4週間に2本ペース。
2人暮らし、4人家族(大人2人、子ども2人)なら3週間2本となっています。
うるのんでは水の配送料はかかりませんが、料金プランと使用するサーバー、お水の種類によって、サーバーのレンタル代が必要になってきます。

「3週間で2本」「4週間で2本」契約の場合ですが、スタンダード・スタイリッシュサーバーであればレンタル代はかかりません。
しかし、エコサーバーであれば月に103円のレンタル代がかかります。
また、「やわらか水」を頼んだ場合は「3週間で2本」「4週間で2本」ともに、スタンダード・スタイリッシュサーバーで823円。
エコサーバーで1028円必要になります。※やわらか水の場合は、6週間で2本の契約はできません。
注意してください。次に「6週間で2本」契約の場合は、スタンダード・スタイリッシュサーバーで823円。
エコサーバーで1028円が掛かります。

以上のように、契約によって別途オプション料がかかる場合があります。 各メーカーとも基本的には配送料無料となっていますが、契約によっては配送料金がかかる場合がありますので、それぞれのホームページに乗っている詳しい料金プラン・配送料などを参考にしてみてください。

ポイント

ぱっと見の料金より、プランを確認して生活スタイルに合ったものを選ぶと良い

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.