ウォーターサーバーで万が一の災害時の備えに

ウォーターサーバー比較ガイド.com > 地震などの災害時に重宝

最近、各地で大きな地震が頻繁に起こるようになりました。
また、台風による被害も大きくなっており、災害に対する備えが見直されるようになっています。
災害などで大打撃を受けた場合、ライフラインなどの普及には時間がかかります。
地震の影響で水道が寸断してしまえば、水を確保することができません。多くの人がスーパーなどで水を購入するので、お店の在庫もすぐに尽きてしまいます。
そもそも大きな地震などが起きればお店自体に行く事ができません。
このような時にウォーターサーバーを利用していれば、水に関して心配せずに済むのです。

各メーカーのお水は最低でも半年持つので、地震などの不測の事態が起こったときでも安心。
ライフラインの復旧は平均して3日と言われていますので、賞味期限が切れる心配はありません。
成人が1日に必要とする水は3リットルと言われています。
それに対して、ボトル1本に含まれている水は平均して12リットルありますので、成人1人であれば約4日間持つ計算になります。
すでに説明した通り、地震によりライフラインが寸断した場合は、復旧に3日程度かかりますので、水がでるようになるまで十分持ちこたえることができます。
ボトルの持ち運びが大変と思う人がいるかもしれませんが、ペットボトルであれば2リットルのボトルを6本持つことになります。
それに比べれば、ウォーターサーバーの方がコンパクトですし、持ち運びしやすいです。

サーバーは地震などによる停電が起きた時でも安心して使えます。
水を冷やしたり、温める事はできませんが、通常、サーバーは水の圧力を利用して注ぐので、災害などによる停電時でも使用する事ができます。

ポイント

災害の備えは保存が利くウォーターサーバーがおすすめ

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.