加熱処理と非加熱処理のメリット

ウォーターサーバー比較ガイド.com > 加熱処理と非加熱処理のメリット

水道水に比べて、安心して使用できるウォーターサーバー。しかし、販売されているサーバーや水の種類は非常に多く、利用を考えている方の中には、一体どれが良いのか迷っているという人も多いでしょう。
特に実際に口にすることになる水に関しては、できるだけ良いものを選びたいものです。ここでは、水の種類のうち非加熱処理のものと加熱処理をしたものの違いについて紹介します。

湧水や深海には、採取した時点では細菌などが繁殖してしまっている危険性もあります。そのため、殺菌のために加熱処理を施すことがほとんどです。これは保健所が飲料水に関して安全基準を定めており、ミネラル分や硬度の他にも、雑菌や細菌に関する項目を設けているから。したがって、この基準をクリアするためには加熱処理が必要となる場合があるのです。

また、水道水はカルキで消毒していることは一般的にも良く知られていますが、こちらも加熱処理と同様の目的で行われています。このような処理を行うことで、殺菌を確実に行うことができることがメリットです。

上記した通り、加熱処理などが行われるのは、その水を保健所が定めた基準に適合させるためです。しかし、逆に言えば水を採取した時点で全ての基準を満たしていれば、加熱処理などを施す必要はありません。つまり、販売されている非加熱水は、採取した時点で安全基準を満たしているかそれに近い状態にあり、オゾンなどで殺菌するだけで販売することができているのです。
加熱処理をすると有害な菌を確実に殺菌することができるため安心です。しかし、それだけでなく酸素や炭酸ガス、ミネラルが破壊されるため、天然水が持つ本来の味を損なってしまう可能性もあります。
もちろん、非加熱水は安全性については疑問が残ってしまいます。このためウォーターサーバーの水のなかでも、非加熱水を選択する場合には、食品衛生法をクリアしているかどうかについてもチェックすると良いでしょう。

ポイント

加熱処理は細菌などの有害な物質をなくす工程
非加熱処理の飲料水は安全基準を満たし、ミネラルなどをたっぷり含んだ飲料水

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.