ウォーターサーバーでよく見るRO水と天然水の違いって

ウォーターサーバー比較ガイド.com > 宅配水を成分で比較してみましょう > RO水と天然水の違い

水の重要性が見直されるようになってきた昨今。ウォーターサーバーを利用する人が増えています。
現在の宅配水メーカーでは、ほとんどが天然水とRO水を取り扱っています。
契約の際にどの種類のお水にするか選べることができるのですが、天然水とRO水はどのような違いがあるのでしょうか?

天然水は、日本全国の指定された源泉からくみ上げられた天然の水を使用。
くみ上げた水に濾過、加熱などの処理を施した飲料水のことです。
カルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分などはくみ上げられたままの状態なので、より自然に近いお水を飲む事ができます。
また、日本で取れる天然水のほとんどが軟水と呼ばれる硬度の低い水なので、口当たりがやわらかく、飲みやすいのが特徴です。
飲み水としてはもちろん。料理などに利用するのも最適で、よりおいしいご飯を作れると評判をよんでいます。

一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、実際にRO水がどのようなものか知っている方は少ないと思います。
RO水で使用する水は、地下水や水道水など飲料可能なものを原水とします。
原水をRO膜という超微細なフィルターに通し、不純物を徹底的に除去します。RO水という名前は、このRO膜が由来となっています。
RO膜による処理により純水に近い水が出来上がるのですが、この時点ではミネラル成分も除去されています。
そこで、人工的にミネラル成分をいれた水をRO水と呼びます。
水道水などのカルキくささなどはないので、クセがなく飲みやすい味が特徴です。
純水により近いので、身体に優しい安全なお水を飲む事ができます。
赤ちゃんのミルクや離乳食に利用するのも最適で、最近では妊娠・出産を機にRO水を飲む方が増えています。

ポイント

天然水は飲みやすく料理などにも最適で、RO水は純水により近い安全なお水

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.