バナジウムとはどんなものなのか

ウォーターサーバー比較ガイド.com > 宅配水を成分で比較してみましょう > 注目のミネラル成分「バナジウム」を比較

最近、話題になっているバナジウム。これはミネラルの一種で、血糖値の抑制・低下が期待されています。
現代人は不規則な食生活やストレスの増加により、血糖値は上がる一方です。
健康診断などでも注意された方は多いのではないでしょうか。
血糖値が上昇することによる症状の代表的なものが糖尿病です。
その他にも内蔵の疾患や悪性腫瘍の発生、敗血症など中には重大な病気もあります。
また、近年では、子どもの血糖値上昇も問題になっています。
そのため、血糖値低下の期待ができるバナジウムは人気を呼んでおり、ダイエットの際にバナジウムを含んだ水を飲む人も増えています。
そこで、ウォーターサーバーと市販の飲料でバナジウムの比較をしてみました。

まず、市販されている飲料のバナジウム含量についてですが、スーパーなどで売っている水のほとんどはバナジウムについての表記がありません。
市販の水の多くがバナジウムを含んでいないのです。含んでいたとしてもごく僅かだったりします。
市販されている水の中でバナジウムを含むもので1リットル中に50~60マイクログラムほどです。
それに対してうるのんが提供している「富士の天然水」はバナジウムが1リットル中100マイクログラム入っています。比較するまでもありませんね。

また、市販品の中にはバナジウム含有と謳っているのにもかかわらず、バナジウムを表記していないものもあるので、しっかりと成分量を確認することをお勧めします。
ちなみに、バナジウムに関しては過剰摂取することにより、腹痛を起こすなどと言われていますが、ウォーターサーバーに含まれる量では過剰摂取になりません。
このように現代人には非常にうれしいバナジウム。
健康を気にする方には特にお勧めの成分です。

ポイント

健康に気を使うならバナジウムを含んだ水がおすすめ
バナジウム入りのお水はウォーターサーバーのお水で取り扱っていることが多い

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.