水の基礎知識をご紹介いたします

ウォーターサーバー比較ガイド.com > 水の基礎知識

「水の基礎知識と言われても」なんて思う方もいるかもしれません。
しかし、人間の体は6割以上が水分でできており、毎日摂取するので、どんな水を飲むかというのは非常に大事なのです。
そこで、今回は水の基礎知識を紹介していきます。

水の基礎知識を学ぶ前に飲料水とは何でしょう?
飲料水とは、余計な成分を含まず、体に有害な微生物が入っていないものと定義されています。

水の基礎知識として、まず知っておきたいのが硬度です。硬度は、水の中に含まれるカルシウムとマグネシウムの量で決まります。
成分の量が少ない(水1リットルに対して100ミリグラム以下)水を軟水。多い(1リットルに対して300ミリグラム以上)水を硬水。
その中間(1リットルに対して100〜300ミリグラム)の水を中硬水を言います。
硬水はミネラルが多く含まれているので、健康にいいと言われています。健康を気遣う人には硬水がお勧めです。
しかし、軟水が多い日本で生活している人にとっては、飲みにくいという点もあります。
一方、軟水は口当たりがやさしく、そのまま飲んでもおいしいのが特徴です。
料理やコーヒーなどの飲み物に利用するのもよく、日本人の生活には軟水が合っていると言えます。

次に紹介する水の基礎知識が飲料水の種類です。ここではミネラルウォーターと天然水について説明して行きます。
この2つの大きな違いは処理の仕方にあります。ミネラルウォーターは、地下からくみ上げた水に濾過処理や加熱殺菌はもちろん、オゾン、紫外線殺菌などの科学的処理を施しており、ミネラル成分を調整しているという特徴があります。
また、原水を複数混ぜ合わせているものもあります。
天然水は、原水に濾過処理や加熱殺菌などの基本的処理は行いますが、科学的処理を行っておらず、原水のままのミネラル成分であるという点が特徴です。
天然水の原水は特定の原水からくみ上げているというのも特徴です。
また、その他にもボルドウォーターやRO水、バナジウム水などの種類があります。

水の基礎知識を深めれば、健康な身体、よりよい生活の実現に繋がるでしょう。
毎日飲む物だからこそ、身体に大事なものを取り入れるようにしたいです。
皆さんも水の基礎知識を深めてみてはいかがでしょう。

ポイント

硬水は健康に良いが飲みにくく、軟水は飲みやすくそのまま飲んでもおいしい
ミネラルウォーターは科学的処理を施しており、天然水原水のままのミネラル成分である

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.