マンションの貯水槽を気にしたことあります?

ウォーターサーバー比較ガイド.com > マンションの貯水槽を気にしたことあります?

マンションやアパートで暮らしている方の中で、貯水槽のことを気にしているという方は少ないかもしれません。
大きな建物の場合には、各々の部屋に下から水をくみ上げるようなポンプを設置するよりも、コスト面から屋上に貯水槽を設置するのが一般的です。そして、この貯水槽が掃除されていなかったり、破損してしまっていると有害物質が水道に混ざってしまったり、雨水が混ざってしまう可能性もあります。

飲み水や生活水として利用する水道ですから、その安全基準は当然厳しく定められています。適正な環境に貯水槽が置かれているか、機能不全を起こしていないかということについて設置者や管理者が保守点検を行うことが義務付けられており、清掃についても1年以内ごとに1回行うことが定められています。清掃では、「建築物飲料水貯水槽清掃業者」という県知事から定められた業者に依頼して行ってもらうケースもあります。

しかし、中にはその管理がずさんになっている不動産も。この場合、貯水槽の中に有害物質のトリハロメタンなどが発生している恐れがあるため、煮沸や、市販の浄水器の取りつけといった対策を行わなければなりません。

貯水槽からの給水の危険は、貯水タンクだけではありません。汲み上げる前の水道管が管理不足から不衛生な状態となっていると、有害物質が入り込み飲み水が汚染されてしまう可能性があります。この状態では、例え浄水器を設置しても、ろ過しきれないといったことや、異臭がするといったトラブルに遭うかもしれません。特に、築年数の古くなっているマンションやアパートではこういった問題が起きるかもしれませんので注意しましょう。
勿論、このようなトラブルが頻発するわけではありません。しかし、特にお子さんがいるご家庭では、ウォーターサーバーの設置を行うなどの対策をしておくと安心でしょう。

ポイント

貯水槽の水は定期的に保守点検をすることが義務付けられている
貯水槽や配管が歯損していたり不衛生であると汚染された飲み水になってしまうリスクも

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.