ナチュラルウォーターとピュアウォーターの違いとは

ウォーターサーバー比較ガイド.com > ナチュラルウォーターとピュアウォーター

水を選ぶ際に「ナチュラルウォーター」、「ピュアウォーター」という名前を目にしますが、どのような違いがあるのでしょうか? その他にもいろんな種類の水がありますが、ここでは、ナチュラルウォーターとピュアウォーターの違い、メリットなどを紹介していきます。

ナチュラルウォーターとは、簡単に言えば天然水のことです。
ある特定の場所から採取した地下水を原水としています。
原水に濾過処理、沈殿処理、加熱処理を施しますが、その他の処理を行っていません。
ミネラル成分の調整もしていないので、天然水から採取した時に一番近い状態のお水を飲むことができ、“お水の本来の味”を味わうことができます。
日本で取れる天然水のほとんどが軟水なので、ミネラル成分はそれほど高くありません。
飲みやすい、口当たりが優しいという特徴があります。

ピュアウォーターとは、不純物を含んでいないお水のことです。
ナチュラルウォーターと違い、水の採取地にはこだわらず、飲料可能な様々な水を使用しています。
ピュアウォーターは、採取した原水を超微細なフィルター(RO膜と言われる0.0001ミクロンのフィルターを使用。
浄水器などで除去できない成分まで取り除くことができる)によって不純物を徹底的に取り除いており、ミネラル成分なども除去。純水に一番近い状態のお水です。
不純物が限りなく0に近いため、赤ちゃんや子どもなどに安心して飲ませることができるという特徴があり、ナチュラルウォーターのように採取地の特定がないため、比較的安いという点もメリットの1つです。
ちなみに、ピュアウォーターの中にミネラル成分を人工的に入れた水をRO水と呼びます。

ポイント

ナチュラルウォーターはミネラル成分の調整をしていなく、ピュアウォーターはミネラル成分を除去したお水

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.