赤ちゃんにとってきれいな水が必要な理由

ウォーターサーバー比較ガイド.com > 赤ちゃんにとってきれいな水が必要な理由

妊娠してはじめて、あるいは自分の赤ちゃんにミルクをあげるようになってはじめて日常で飲むお水について関心を持つ女性は多いです。
そしてそれらをきっかけとして水道水ではなくウォーターサーバーのお水に関心を持つ方も多いです。


人間の体は、水からできているといっても過言ではないほどたくさんの水分を含んでいます。大人の男性の水分量は60パーセント、女性でも55パーセントといわれています。そして幼児では70パーセント、新生児ではなんと75パーセントもの水分を含んでいるといわれているのです。いかに赤ちゃんにとってお水が、そしてその質が重要なのかがわかるでしょう。老人になると50パーセントと減少します。老化とともに体内の水分が減っていくということから、水と生命には深い関係があることがわかりますね。

私たちの体からは、1日あたり約2リットルの水分が出ていき、その多くが尿です。出て行くばかりでは脱水症状になってしまうので飲料水から1リットル、食物から1リットル、計約2リットルの水分を補給しなければなりません。

妊娠中のお母さんの多くは食事に気を使っているでしょう。赤ちゃんは、お母さんが食べる食物だけでなく飲むお水の影響を受けています。赤ちゃんは子宮内の羊水の中で成長しますが妊娠後期には1日に約500mlの羊水を飲んでいます。胎盤を通してよくない物質が赤ちゃんに取り込まれないように、妊娠中の方はできるだけよいお水を飲まなければなりません。
また、生まれたばかりの赤ちゃんは1日に600から800ミリリットルのミルクを飲みます。これはその小さな体の割にはとても多い量です。ミルクを作る場合には有害物質のない安全な水を使いたいものです。また、母乳を与える場合にはお母さん自身が妊娠中のときのように無害なお水を飲んでいることが大切です。
ウォーターサーバーの場合、冷水も温水もいつでも利用できて湯冷ましの温度調節が簡単なのでミルク作りにも便利というメリットがあります。

ポイント

人間の身体の半分以上は水分で出来ている
胎児や赤ちゃんには絶対的に無害な飲料水が必要

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.