pH値を気にしたことありますか?

ウォーターサーバー比較ガイド.com > pH値を気にしたことありますか?

ウォーターサーバーの水を選ぶとき、店頭でミネラルウォーターを買うときなどに、「pH値」を気にしたことはあるでしょうか。
お水を選ぶときにはさまざまな基準があります。
お水選びでは必ずといっていいほど目にする「pH」とはどのようなものなのでしょうか?


一口に水といっても中に溶け出している成分によって個性はさまざまに異なります。pHも、水を分類する基準のひとつです。水は無色透明で何も混ざっていないもののように思われがちです。でも、水の分子のみで構成された本当の意味での純水というものは存在していません。水はものを溶かす能力が大きく、常になんらかのものが溶け込んでいます。同じ日本の水なのに水質が異なるのはそのためなのです。

pHというのは、水の中で水素イオンがどのくらい含まれているのかを表す数字のことです。pH1 では強い酸性、pH14では強いアルカリ性ということになり、その中間のpH7 は中性になります。数字が多くなるほど酸性度が低くなり、7で中性を示し、その後さらに数字が上がるほどにアルカリ性度は高くなっていきます。ちなみにお酢ではpH 2~3、水道水でpH5.8~8.6となります。

お水のpH値を左右する要因にはいろいろなものが考えられますが、飲料水についていえばミネラルの量とその種類、炭酸ガスの含有量や重炭素イオンの含有量などがその要因として考えられます。
健康な人体はpH約3.7という弱アルカリ性の状態を示します。この値はアルカリ性に偏りすぎても酸性に偏りすぎても免疫機能や代謝機能に悪影響を与えると考えられます。
ウォーターサーバー用の宅配水の場合は、食品衛生法の適用により、pH5.8から8.6という基準が定められています。したがってウォーターサーバーのお水はこの基準値内のものでなければいけませんが、ほとんどが弱アルカリ性のものとなります。ただ、絶対というわけではなく用途に合わせて使い合わせるのもよいでしょう。たとえば、胃酸過多の方がアルカリ性のお水を飲むと症状が和らぐといったことはあるようです。また、酸性になりがちな体を弱アルカリ性に保つ意味でも弱アルカリ性のお水に注目が集まっています。

ポイント

水分中の水素イオン濃度を表す値。それが「pH値」
宅配用水はpH5.8から8.6の基準を遵守している

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.