水道水汚染で被爆するうわさは本当?

ウォーターサーバー比較ガイド.com > 水道水汚染で被爆するうわさは本当?

震災時の原発事故があって以来、私たち日本人は放射能汚染への不安を常に抱えるようになりました。自分自身や家族、特に幼い子供の健康を守るためにはどうすればよいのか、さまざまな憶測が飛び交うこともあります。
ふだんの生活でできることから気をつけていくしかありませんが、やはり水の汚染は気になります。

体の外に存在する放射性物質か放射線の放射を受けることを外部被曝といいます。そして、粉塵や小さなホコリなどに付着している放射性物質そのものを水や食べ物と一緒に体内に取り込んだり、呼吸の際に肺から吸い込んだりすることによって体内へ入った放射性物質から放射線を受けてしまうことを内部被爆といいます。したがって、もしも高濃度に汚染された水道水を毎日大量に飲み続ければ内部被爆する可能性は高くなるでしょう。内部被爆は一般的に外部被爆よりもケタ違いに人体に影響を与えるといわれています。

ただ、現在日本国内の水道水の汚染度はそれほど高くないため、神経質になる必要はないででしょう。

肺から放射性物質を取り込むのを防ぐためには、最低限マスクは着用するべきです。水の場合、現在検出限界以下の数値が出ているので飲んでも問題はないということですが、数値が低いのはゼロであることとは異なります。毎日たくさん飲むお水は限りなくゼロに近い数値であるべきです。それに、低かったはずの数値がある日突然高くなることもあり得ます。
そこで、飲み水は水道水を避け、ミネラルウォーターやウォーターサーバーのお水を飲むのが安全の意味でも確実でオススメです。特にウォーターサーバーのお水の水質は定期的に行われる検査により、その安全性や品質は保証され検査結果はきちんと報告されているので毎日たくさん飲んでも安心です。

ポイント

現在水道水に汚染度は高くない
ゼロではないことが考えられるのでウォーターサーバーの安全な水がおすすめ

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.