市販のペットボトルの天然水とウォーターサーバーの費用対効果

ウォーターサーバー比較ガイド.com > サーバーと水料金の比較ランキング > 注目の費用対効果

ウォーターサーバーが品質の高い水だということは分かりましたが、経済面での負担はどのくらいになるのでしょうか?
経済的負担が大きいのであれば、ウォーターサーバーの導入は敬遠してします。
そこで、ペットボトルと費用対効果を比較してみました。

ウォーターサーバーで使用する水の値段は、一般的なもので12リットル入って1800円ほどです。
500mlのペットボトルに換算すると約80円です。
それに対してコンビニなどの市販されている水は90円ほどしますので、ウォーターサーバーの水の方が安く、費用対効果も高いと言えます。
さらに宅配水業者の中には、もっと安い水を提供しているメーカーもあります。
宅配などにかかる料金を調べると、ほとんどのメーカーが送料を取っていません。送料無料でお家まで届けてくれます。
それに対してペットボトルを買うのであれば、お店まで行かなければなりません。子どもの面倒も見ながら重たい荷物を運ぶのはかなりの労力が必要です。
ただし、メーカーによっては、契約プランによって送料がかかることもありますので、事前に確認しましょう。
サーバーにかかる費用ですが、サーバーのレンタル料金に関してはバラバラです。

レンタル料が無料のところもあれば、月に1000円程度かかるメーカーもあります。
なるべくレンタル料がかからない所を選択したいですね。
ただし、レンタル料がかかるメーカーは、水の価格がかなり安くなっていたりしますので、利用する前に費用対効果をしっかりと調べておきましょう。
さらにサーバーの電気代に関してですが、サーバーの電気代は電気ポットとほぼ同じ電気代です。
ペットボトルであれば、お湯を作るときに電気ポットあるいはガスコンロを使用しますが、ウォーターサーバーは冷水・温水をすぐに利用できます。
以上の点を考えれば、ウォーターサーバーの方が費用対効果の面で断然お得だということが分かります。

ポイント

ペットボトルなどの市販の水よりもウォーターサーバーの方がお得
宅配で買いに行く手間も削減

what's new

Copyright 2017 ウォーターサーバー比較ガイド.com All Rights Reserved.